行政書士の開業について

行政書士の実務の経験を高めるために、自分たちで創造すること

実務の経験というものは、黙っていても身につくものではありません。
日々の仕事の中から経験を積むことで初めて身につくものです。
つまり、行政書士として開業したとしても、誰かに任せていたり、
待っていたりしても何も身につくものではありませんし、何の進化もしていきません。

 

とても大きな業務範囲を取り扱うのが行政書士です。
書類作成といっても、一万を超える種類があるわけですから、
ここまで広い業務範囲をもつ仕事というのも珍しいほどです。
これだけ広い範囲を扱うわけですから、同じ商圏範囲の中でも他の人や事務所が扱っていない
分野というものが必ず出てきます。
そういった隙間にある分野を狙って扱っていくことは重要です。
単に需要を創造するということだけではなく、これを機に他の人や事務所との差別化を図り、
セールスポイントにすることができます。

 

多くの実務を知り、経験を積むことは、仕事を増やし経営を安定化させていきます。
そのために、研究会などを自分で立ち上げ、
周辺の仲間と研鑽をつみ知識を深めようと努力する人たちもいます。
そういった仲間を見つけ、互いに切磋琢磨していくことも、
実務にフィードバックできる重要なことになっていくのです。